• ホーム
  • 肌と資格と歯磨き粉について

肌と資格と歯磨き粉について

口元を美しくするのはエチケットでもあり、その日の印象を向上させてもくれます。顔のお肌も美しく整えて、口元の健やかで清潔さも保ちましょう。お肌のケアをするように、口元のケアも重要です。
口元を美しくキープするその要ともなるのが、毎日使用をする歯磨き粉であり、用途に応じてじつは選び方も変わってきます。
歯科医や歯科衛生士の資格を持つプロ達は、用途によって選ぶべき歯磨き粉のコツを知っています。歯医者さんに行ったら、相談をしてみるのもいいでしょう。
虫歯になりやすい人であれば、フッ素の配合された歯磨き粉が向いています。モノフルオロリン酸ナトリウムやフッ化第一スズ、フッ化ナトリウムやフッ化リン酸ナトリウムを配合しているタイプです。
虫歯にならないようにするためには、食事のあとに正しい歯磨きをすることが大事です。歯ブラシを使って、歯と歯の間の汚れも、歯垢もしっかりと落としましょう。
殺菌作用が強力な、塩化ベンゼトニウムや“酸クロルヘキシジンを配合している歯磨き粉を利用するのもいいでしょう。
徹底した歯ブラシでのブラッシングが大事なのは、キレイにすることでフッ素の作用が届きやすくなるためです。
歯に食べかすや汚れの付着があるままですと、高いフッ素濃度であったとしても、歯の表面まで行き届かせることができなくなります。汚れがひどい場合は、研磨剤が多めに歯磨き粉を必要に応じて使い分けることも選択肢もあります。
虫歯予防をメインで考えるのであれば、フッ素濃度は高い種類を選ぶことです。そしてブラッシングは丁寧に行うことです。いつものかかりつけの歯科医院への定期検診も受けて、ブラッシング相談をしたり、直接指導を受けてみるのもいいでしょう。

関連記事