肌に良い食生活について

顔を洗っている女性

肌を丈夫に、常に美しく保つためには食生活の工夫は欠かせません。
食事の大前提として、まずは一日決まった時間に3食しっかり食べることを心掛けることが大切です。
忙しい現代人は、生活が不規則な故に朝食を抜いたり、ファストフードやコンビニ弁当など添加物の多い食材ばかり摂取してしまいがちですが、忙しい中でもできるだけ一日20品目以上の食材を摂取することを意識し、バランスを考えてメニューを決めるようにすることが大切です。
その中でも肌の状態を保つために積極的に摂取すべき食材は、もずくやわかめなどの海藻類です。
海藻類にはフコイダンという有効成分が豊富に含まれており、独特のぬるぬるした感触が美肌効果を促すのです。
肌への好影響だけでなく、血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させる、がんの予防、免疫力向上など、健康にも良い効果が期待でき、忙しくて疲れが溜まっている人こそ摂取すべき栄養素なのです。
このような海藻類の成分が詰まった化粧品やボディソープなどが今大人気です。
また、美肌と聞いて思いつく栄養素はビタミンCでしょう。
ビタミンCには抗酸化作用、皮脂抑制作用があるため、大人ニキビや吹き出物に悩んでいる人には、活性酸素を除去する作用がはたらき、定期的に摂取を心掛けていれば美肌効果が期待できると言われています。
さらにニキビだけではなく、皮脂分泌を抑制する効果もあるため皮脂腺の開きを抑止し、角質のバリア機能が高まることで水分保湿力のある肌へと導きます。
すると毛穴が徐々に目立たなくなってきて、肌トラブルを解決することができるでしょう。
このように、美容と健康には、食生活との密接な関係があり、切っても切り離せません。
毎日の積み重ねが大切なのです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧